本業の仕事だけでは収入が少ないと思っている人もいるのではないでしょうか。

 
実際に私もその1人で、多少の増減はあったとしても月の収入は大体一定ですし
もっと多ければ欲しい物を買うことができるのにと思いながら仕事をしていました。

 
そんな私は自分の物欲を満たすために副業を始めることにしたのです。
そこで目を付けたのがチャットレディーという仕事です。

始める 前のイメージは女性限定の仕事で高時給というところから
「直接顔を合わせないキャバクラのようなもの」だと思っていました。
 
顔が可愛くてスタイルが良い人じゃないと売れない世界なのであれば
私はそれほど収入を期待することができないと思いながらも他に手段がなかったので挑戦してみることにしたのです。

 
 
私が持っているノートパソコンにはカメラとマイクが内臓されています。
それだけで仕事をする環境は整っていたので、挑戦しようと考えてから30分程度でチャットレディーの仕事をスタートさせることができました。
 
 
仕事の流れとしては、自分のプロフィールを設定した後に、ログインをして待機をするだけというものです。
男性会員が入室したらマイクやタイピングなどの手段を使ってコミュニケーションをとっていくのですが
私がログインしてすぐに何通かメールが届いたり、多くの男性会員からアプローチをもらうことができました。
 
 
私は特別美人というわけでもありませんし、スタイルが分かるようにカメラに映っているわけでもなかったのですが
なぜこんなにも男性からアプローチをもらうことができたのだろうと不思議に思っていました。
 

それはどうやら新人だったからのようで、男性会員は新人の女の子に対しては通常よりも少ないポイントでライブチャットを行うことができるようになっているので、男性たちからすれば非常に魅力的なシステムなのです。
 
そのため新人マークがついていた私のところに注目が集まったということです。
 
ログインして5分程度で初めて男性会員の方とライブチャットをすることができ
数分で退出したもののその後すぐに別の男性会員が入室してきてくれました。

 
ライブチャット中も他の男性たちから「次の約束をお願いします」という風に声をもらうことができましたし
初日にして私は忙しい時間を経験することとなりました。

 
 
その日は4時間程度チャットレディーとして働きましたが、報酬にして1万円程度稼ぐことができました。
 
たったこれだけのことで1万円も稼ぐことができるのであれば、もっと頑張ればたくさん稼ぐことができるのではないかと貪欲になった私は、メイクのやり方を工夫したり、カメラの映り方を研究したりするようになりました。
 
そうしていく内に新人期間があっという間に終わり、以前のようにたくさんの男性会員から声をかけてもらえなくなりました。
 
少し残念な気持ちもありましたが、この間に数人の常連さんと出会うことができた私は
安定してチャットの時間を稼ぐことができるようになりました。
 
 
会話の内容は趣味のことであったり、仕事のことであったり、時には相手の男性の恋愛相談にのったりすることもありました。
 
様々な会話を行っていく中で、男性たちから「楽しい」と言ってもらえるのが私の中で何よりも大きなやりがいとなっていきました。
 
 
数人の常連さんに支えられながらも、少しずつ新規開拓を行っていき
私は月に10万円程度は稼ぐことができるようなチャットレディーになりました。
 
もちろん本業も大切なので、仕事から帰った2時間程度であったり、土日休みの数時間というような副業の仕方でしたが、それでもしっかり稼ぐことができたので魅力的な仕事だと感じています。